テーマ:紀行

7704 ≪HDC-2の写真 2020年6月② 築山≫

≪写真上≫   千本浜の方にある、津波避難用の築山(つきやま)へ行ってみました。 この築山を造る時に、松を、かなりの本数、切らなければならなくなり、問題になりました。 手前の松は、生き残ったのか移植されたのか分かりませんが、根が起きてしまったのか、ワイヤーで支えられています。 角度的には、絵になるものの・・・。 ≪写真中≫ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7703 ≪HDC-2の写真 2020年6月① 千本港神社≫

  6月8日に、折自を出し、HDC-2を持って、沼津港の方へ行って来ました。 ≪写真1≫   内港の風景。 新旧の魚市場も写っています。 漁船が水揚げする外、駿河湾内の遊覧船も出ています。 他の港へ行く航路船は、今はないようです。 利用者がいないんですな。 ≪写真2≫   港の西側には、以前、倉庫や大型タンクが並んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7697 ≪EN125-2Aで函南町・馬坂神社②≫

≪写真1≫   馬坂神社から、更に、山の奥へ向かいました。 杉・檜林に囲まれた、こんな道が続きます。 ≪写真2≫   木立キャンプ場まで行こうかと思っていたのですが、工事をやっていて、舗装路が途切れていたので、そこで、引き返しました。 近くに架かっていた橋の上から取った写真。 来光川が、だいぶ、細くなっています。 ≪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7696 ≪EN125-2Aで函南町・馬坂神社①≫

  6月4日に、バイクで、函南町にある、馬坂神社に行って来ました。 函南駅から、西へ向かい、信号のある交差点で北へ曲がると、ガードを潜って、山の中へ向かう道に出ます。 それを登って行き、分岐では、「木立キャンプ場」の方を選べば、馬坂という集落へ行けます。 ≪写真1左≫   途中、橋の袂にあった石碑。 「堅牢地神」、「国家永寧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7693 ≪HDC-2の写真 2020年5月 三島市長伏・高橋神社 / 鍬戸神社≫

  5月31日に、折自を出し、HDC-2を持って、三島市長伏にある、「高橋神社」と、「鍬戸神社」へ行って来ました。 地図で見つけた所。 近くの道路は、しょっちゅう通っていますが、奥の方に神社があったとは、ついぞ、知りませんでした。 しかも、二つの神社が隣り合って。 ≪写真1左≫   幹線道路から、短い参道があり、先に、高橋神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7690 ≪EN125-2Aで三島市多呂・神明神社②≫

≪写真1左≫   ! ? 左の文字は、なんと読む? 「盤」の異体字で、「漱盤(すすぎばん)」でしょうか? 蛇口が付いておらず、漱げませんけど。 これだけ、あってもなあ。 ≪写真1右≫   社殿の腰周りに、幾つか付いていた、通気口。 鉄コンだから、合っているような、神社らしくないような、不思議な感じ。 ≪写真2左≫ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7689 ≪EN125-2Aで三島市多呂・神明神社①≫

  5月27日、バイクで、三島市多呂にある、神明神社へ行って来ました。 地図で見つけたところ。 大場駅から、北へ向かい、途中で、東の方の山へ登っていくと、迷いもせずに、あっさり、着きました。 ≪写真1≫   神社の石段前まで行き、登って来た方角を振り返った景色。 遠くに見える山は、たぶん、沼津アルプスの中央部、向かって右から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7683 ≪EN125-2Aで西浦・重須・弁天島②≫

≪写真1≫   社殿の軒下に、なぜか、太鼓が吊るしてありました。 他の神社では、見た事がありませんなあ。 昭和五十年と書いてあります。 1975年。 えっ! するってーと、45年間も、ここに吊る下がっているんですか? それは、もちがいいですなあ。 ≪写真2≫   その後、坂道の方で、バイクに戻り、長井崎半島をぐるっと回って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7682 ≪EN125-2Aで西浦・重須・弁天島①≫

  緊急事態宣言の解除後、バイクでの、プチ・ツーリングを再開しました。 5月20日、最初に行ったのが、沼津市内の、西浦・重須・長井崎半島にある、弁天島という所。 島と言っても、地続きになってます。 ひたすら、海岸線沿いの道路を走って行ったら、着きました。 ≪写真1≫   長井崎半島と弁天島を結んでいる、短い地峡から、内浦湾の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7651 ≪バイクで弘法大師堂②≫

≪写真1≫   「赤野観音堂」まで登りました。 ここには、今年の1月にも来ています。   門前に停めた、EN125-2A・鋭爽。 何度も書くようですが、このバイク、荷台が付いている方が、外した場合よりも、圧倒的にシャープな印象に見えます。 もはや、ドレス・アップ用アクセサリーと言っても良い。 何でも、外せばいいってもんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7650 ≪バイクで弘法大師堂①≫

  4月16日、バイクで、愛鷹山の裾野にある、「弘法大師堂」に行って来ました。 地図によると、「八畳石公園」と、「赤野観音堂」の中間地点にある様子。 ≪写真1≫   途中、沼津市立図書館に寄り、ブック・ポストに、≪松本清張全集 3 ゼロの焦点・Dの複合≫を返しました。 緊急事態宣言が静岡県に発令される前から、臨時休館中。 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7644 ≪バイクで拓南神社②≫

≪写真1左≫   不思議な形の椅子。 生き物のようです。 境内には、なぜか、椅子がたくさんありました。 行事で、人が集まるのかも知れません。 しかし、元訓練生だけが集まっているのだとしたら、もう相当、人数が減っている事でしょう。 元からあった神社ではないから、手入れをする人がいなくなったら、荒廃して行くのかも知れません。 ≪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7643 ≪バイクで拓南神社①≫

  4月10日に、バイクを出し、沼津市の、東名インター・チェンジの少し北側にある、拓南神社へ行って来ました。 ≪写真1左≫   インターから北側へ延びる道を進み、新東名と交差して、更に少し行くと、左側に案内標識があります。 その道を入って行くと、短い住宅街を抜けて、杉・檜林を下る坂道になります。 ≪写真1右≫   杉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7634 ≪三島・幸原・耳石神社②≫

≪写真1左≫   耳石神社の裏の方にあった、「水神」の石碑。 ≪写真1右≫   土俵もありました。 大きさから見て、子供相撲のもの。 ≪写真2≫   帰りに、沼津市衛生プラントの前に寄りました。 桜並木が、ほぼ、満開。 ≪写真3≫   衛生プラントの駐車場に停めた、EN125-2A・鋭爽。 この角度で見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7633 ≪三島・幸原・耳石神社①≫

  4月2日に、バイクを出し、三島市の幸原にある、「耳石神社」へ行って来ました。 ≪写真1≫   思っていたより、街なかで、ちと、期待とは違っていましたが、いろいろな物がある神社でした。 先客に、幼児を連れた母親がいたのですが、私が来たら、間もなく、帰って行きました。 貸し切り状態になったものの、街なかの事とて、誰が来るか分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7627 ≪バイクで三島・大場・赤玉神社②≫

≪写真1左≫   赤玉神社の社殿を、裏から見たところ。 拝殿と本殿が一体で、拝殿の背面に突出した部分が、本殿になっている様式。 屋根は、瓦葺きで、神社としては、珍しいです。 屋根の組み方が、大変、凝っています。 城郭のようで、美しい。 ≪写真1右≫   近くで咲いていた、白詰草。 クローバーとも言います。 幕末以降に齎され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7626 ≪バイクで三島・大場・赤玉神社①≫

  3月25日に、バイクを出し、三島市の大場(だいば)にある、「赤玉神社」へ行って来ました。 新型肺炎の影響で、もはや、人がいそうな所など行く気にならないので、郊外、もしくは、山の中の神社ばかり行っています。 ここも、地図で見つけた所。 ≪写真1≫   赤玉の集落から、丘へ登っていくと、神社に着きました。 村社規模で、無人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7624 ≪旧母自で瓦山神社≫

  3月22日、旧母自で、島郷地区にある、「瓦山神社」へ行って来ました。 象山(徳倉山)の脇腹辺りにあります。 ≪写真1左≫   石段下の脇に、自転車を停める程度の場所があります。 建っている名碑は、「瓦山神社」と、「桜丘天満宮」。 社殿は一つしかないので、兼ねているのか、それとも、私が行った事がないだけで、まだ、上に神社が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7623 ≪バイクで三島・夏梅木・八王子神社≫

  3月21日、バイクを出し、三島市の、夏梅木(なつめぎ)という地区にある、「八王子神社」に行って来ました。 地図で見つけたというだけの理由。 ≪写真1≫   緩い登り坂の脇に、小さな丘があり、そこが神社になっていました。 地図は書かず、暗記して行ったのですが、幸運にも、迷わずに着きました。 ≪写真2左≫   石段は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7622 ≪HDC-2の写真 2020年3月 沼津御用邸周辺≫

  3月19日に、旧母自で、沼津御用邸公園へ行って来ました。 といっても、中には入りませんでしたけど。 ≪写真1左≫   自転車置場の傍らで咲いていた、しだれ花桃。 御用邸は、園内に梅園がありますが、そちらは、有料。 駐車場に、かなりの株数の桃があり、こちらは、ただで見れます。 カメラが、HDC-2なので、白い花のように、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7620 ≪旧母自で我入道海岸②≫

≪写真1≫   芹沢光治良の、「孤絶の碑」。 防風林の海側の、少し開けた所にあります。 1982年に作られたもの。 刻まれているのは、 「ふるさとや 孤絶のわれを いだきあぐ」   ここも、シュンと一緒に、よく歩きました。 「いだきあぐ」の、「あぐ」の意味が、未だに分かりません。  ≪写真2≫   防風林から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7619 ≪旧母自で我入道海岸①≫

  3月18日に、旧母自で、我入道海岸へ行って来ました。 他人との接触が怖くて、香貫山での運動登山ができなくなってしまい、山が駄目なら、海という、単純な発想を実行した次第。 もちろん、マスク着用。 ≪写真1≫   海岸の入口にある、「芹沢光治良文学館」の駐車場に、旧母自を停めました。 ロックは、馬蹄錠だけですが、人が大勢来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7616 ≪バイクで伊豆長岡②≫

≪写真1≫   伊豆の国市・教育委員会による、駒形古墳の解説板。 前方後円墳であるが、後円部だけ残っていて、前方部は、削られていると書いてあります。 ≪写真2左≫   削られた前方部の跡は、ゲート・ボール場になっていますが、ここも、草が生えて、使われなくなってから、だいぶ、経っているように見受けられます。 高齢者まで含めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7615 ≪バイクで伊豆長岡①≫

  3月13日に、バイクを出し、伊豆の国市・長岡に行って来ました。 小坂という地区の、「駒形古墳」が目的地だったのですが・・・。 ≪写真1≫   小坂地区に入ってから、道に迷ってしまい、とにかく、上へ上へと登って行ったら、ここに出ました。 額に、「薬師堂」とあります。 地図には、載っていませんでした。 まあ、着いてしまったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7609 ≪バイクで元野牧再挑戦②≫

≪写真1≫   鬱蒼とした杉・檜林に分け入っていくと、開けた所がありました。 しかし、ここにも、解説板が見当たりません。 ここはここで、草藪に覆われて、道が分からなくなっていました。 この奥は、また、杉・檜林になり、行き止まりになりました。 結局、解説板は見つけられませんでした。 ≪写真2≫   一旦、バイクの所まで戻り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7608 ≪バイクで元野牧再挑戦①≫

  2月7日に行って、解説板を見つけられなかった、愛鷹山麓にある、「元野牧」ですが、3月5日に、また、バイクで行ってみました。 今度こそ、解説板を見つける意気込みで。 ≪写真上≫   ここが、入口。 富士通の敷地の北側、新東名の跨道橋を渡り、側道を東向きに下りて行くと、ここに辿り着きます。 前回は、ここにバイクを停めて、杉・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7606 ≪江浦横穴群③≫

≪写真1左≫   静岡県と沼津市の教育委員会が立てた解説板。 横穴群は、古墳時代末期に作られたもので、大体、1300年前だそうです。 この解説板が立てられたのは、1992年のようですが、28年も経つと、ここまで、汚れるわけだ。 ≪写真1右≫   分布図。 5つの区域に分かれて、92基の横穴と、4基の円墳が確認されているそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7605 ≪江浦横穴群②≫

≪写真1≫   自転車で入れる限界は、ここまで。 南京錠も、ワイヤー・ロックも持って来なかったのですが、まあ、他に来る人もいないだろうと思い、そのまま置いて行きました。 ≪写真2≫   こういう、狭い道が山の中へ続きます。 一応、コンクリート舗装されていますが、半分、落ち葉で埋まっています。 遠くに、白赤の祠が見えますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7604 ≪江浦横穴群①≫

  沼津市のホーム・ページで、江浦(えのうら)地区に、「江浦横穴群(おうけつぐん)」というのがあると知り、3月3日に、折自で行って来ました。 マスクをして行ったので、着いた時には、ゼイゼイしていました。 ≪写真1≫   海岸線を南下する国道414号で、江浦地区に入ると、二つ目の集落に、こんな分岐があります。 ここで、左折。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7598 ≪バイクで菖蒲塚≫

≪写真1左≫   これが、「菖蒲塚」。 境内ではなく、墓地の方にあります。 道路沿いにあるので、車で上がって行っても、ここに出ます。 「塚」と言うからには、墓だと思うのですが、そうと決まっているわけでもない様子。 ≪写真1右≫   道路を挟んで、菖蒲塚の向かい側にある、「史跡 頼政公 菖蒲の前 墓所」。 「墓所」と言うから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more