7495 ≪江戸川乱歩全集④ 孤島の鬼≫

7495.jpg

≪江戸川乱歩全集④ 孤島の鬼≫

江戸川乱歩全集 第四巻
講談社 1978年11月20日/初版
江戸川乱歩 著

  沼津市立図書館にあった本。 ハード・カバー全集の一冊。 箱やカバーがあったものと思いますが、外されて、ビニール・コートされています。 なぜ、第四巻から借りて来たかというと、一二三巻がなかったからという事もありますが、【孤島の鬼】が名作だという話を何かで読んだ事があったから。 二段組です。


【孤島の鬼】 約168ページ
  1929年(昭和4年)1月から、翌年2月まで、雑誌「朝日」に連載されたもの。 

  何者かに婚約者を殺されてしまった美青年が、婚約者が遺した系図や、彼女が幼い頃に見た景色の記憶を手掛かりに、素人探偵の友人と共に、密室殺人の謎を解こうとするが、その友人までが、衆人環視の中で殺されてしまう。 青年に同性愛的な感情を抱いている、もう一人の友人が、探偵役を引き継ぐが、婚約者が幼い頃に見た景色というのが、その友人の実家がある孤島から見える景色とそっくりで・・・、という話。

  以下、ネタバレ、あり。

  密室殺人、衆人環視殺人の辺りは、本格トリック。 しかし、江戸川乱歩さんは、物理的な本格トリックを馬鹿にしていたところがあり、それが文章に出てしまうので、読者側も、ゾクゾクしきれないものがあります。 壺を利用するアイデアは面白いですが、そんな頼みを引き受けるほど馬鹿な子供が、殺人などという、強固な意志を必要とする任務を遂行できるのかという、疑念が湧いてしまうのです。

  中ほどで出て来る、シャム双生児の告白文は、【アルジャーノンに花束を】的な面白さがありますが、モチーフとしての、シャム双生児のアイデアは、今から見ると、白けるだけです。 横溝作品にも、さんざん出て来ましたから。 しかし、当時は、読者をゾクゾクさせるのに、充分なインパクトを持っていたのでしょう。

  で、最終的な舞台である、孤島ですが、どうにも、良くありません。 前半を読んでいた時には、孤島というのは、犯人の精神的な孤独を意味しているのではないかと思っていたのですが、そうではなく、本当に、孤島に行くんですな。 シャム双生児が閉じ込められた蔵とか、洞窟とか、これまた、横溝作品で見慣れたものばかり。 もっとも、先に、その種の道具立てを使ったのは、江戸川さんだと思いますけど。

  「発表当時は、」という限定をつけるのなら、傑作と認めるのに吝かではないです。 そうでない場合、やはり、江戸川さんらしい、子供騙し的な、「お話」としか言いようがありません。 作者本人も、子供騙しになっている事が分かっていながら、戦前日本の怪奇小説界のリーダーとして、立場的に書かざるを得ずに書いていたというところが、痛々しい。

  特に問題なのは、シャム双生児を、人為的に作ったという設定になっている点でして、馬鹿も休み休み・・・、そんな簡単に、くっつけられるわけがないではありませんか。 拒絶反応とか、知らなかったんですかね? 科学を無視していたのでは、近代以後の小説は成り立たないと思うのですがねえ。



【猟奇の果】 約124ページ
  1930年(昭和5年)1月から、12月まで、「文芸倶楽部」に連載されたもの。

  金に困っていない男が、閑に飽かせて、奇妙な体験ばかりを漁っていた。 ある時、友人の科学雑誌編集長に、顔も体つきも、そっくり瓜二つな人物を目撃し、最初は面白がっていたものの、その後、その人物が、男の妻と不倫を働いている疑いが持ち上がって、次第に翻弄されて行く。 一方、総理大臣の娘や、総理大臣本人が、外見そっくりの別人に成り代わられてしまう事件が発生し、明智小五郎が出張るものの・・・、という話。

  以下、ネタバレ、あり。

  前半から、ダラダラという感じ。 顔形がそっくりな二人の人間というのは、確かに奇妙な事なんですが、劇的なエピソードを用意せずに、描写を細かくするだけで、書き綴ろうとしているので、緊張感がない展開が続いて、読む気がなくなって来ます。 それもそのはず、解説によると、江戸川さん自身が、どんなストーリー展開にするか見失っていたらしいのです。 道理で、こんな文章になるわけだ。

  途中で、完全に行き詰ってしまい、編集者からの要望で、明智小五郎を出し、「国家乗っ取りの陰謀」という方向に、強引に持って行ってしまうのですが、そちらも、何のアイデアもなしに書いているので、全く面白くありません。 大体、最初、主人公だった人物は、どこから、友人の一味になったのか、何も書いていないから、読者側は、さっぱり分かりません。

  最終的に、そっくりというのは、整形手術で作られたものと分かるのですが、それは別に、アイデアというほどのアイデアではないのでは? どうも、医学知識を、生半可に齧って、テキトーに書き飛ばしたようなところがあり、感心しません。

物置大掃除。香貫山。試し被り。

  晴れ。 昼頃から、風になりました。


  外掃除の後、11時までかけて、物置の大掃除。 棚に載っている物を、全て下ろして、水拭きし、棚も拭きました。 床に敷いてあったダンボールも、一度外して、埃を叩き、床を掃除してから、戻しました。 全身、埃だらけ。


  午後、香貫山へ。 風で落ち葉が、舞い捲っていました。


  帰って来てから、風呂に入る前に、購入した猛暑期用ヘルメット、「ネオライダース MA03」を試し被りしました。 「アライ SZ」と比べると、小さいというか、浅いです。 思い切り下に下げないと、耳が空間に入りません。 被ってしまえば、まあまあ、問題ない感じ。 裾は、やはり、短いです。 襟との間に隙間が出来るから、風が通って、涼しい反面、日が当たると、暑いかも知れませんな。

  被り心地は、きついと言えばきついのですが、内装に押し付けられているきつさで、頭が帽体に当たる感じではないです。 その内、慣れるでしょう。

  顎紐の長さを調整。 一番短い状態で、ちょうど良いくらい。 このメットが被れる人は、すべて、一番短くするのではないでしょうか? よほど、顔の長い人なら、別ですが。

  元箱に収めて、押入れに保管。 来年の7月頃になったら、出番となります。

7494 ≪野菜≫

7494.jpg

  11月15日、香貫山へ向かう途中、畑で撮った野菜。 上側は、何なのか、葉物なのか、根物なのかも分かりません。 下側は、この時点では分かりませんでしたが、後に、ブロッコリである事が判明しました。

  よく育っておりますなあ。 私には、到底、真似ができません。 農家の持っている栽培ノウハウには、素人の想像を絶するものがあると思います。

週末作業。メット開梱。見舞い。≪ハンター≫。

  朝から、曇り。 金曜なので、週末作業。 大掃除を兼ねて、普段やらない所まで、やりました。


  昨日届いた、猛暑期用ヘルメットを、開梱。 開け口のビニール・テープは、割と綺麗に剥がせました。 中に、販売業者の送り状が入っていました。 という事は、一度開けて、入れてから、また、封をしたわけだ。 恐らく、輸入された段階では、ビニール・テープは貼ってなかったのでしょう。

  中身ですが、「ネオライダース MA03」のメタリック・シルバーで、 「XL」のシールが貼ってありました。 注文通りです。 まだ、被っていませんが、見た感じでは、たぶん、入ると思います。 どうせ、MA03には、これ以上、大きなサイズがないし。

  顎紐が、最初から、ワン・タッチ式になっているのがありがたい。 ちなみに、所有している二つのアライ製メットには、自分で工夫して、ワン・タッチ留め具を後付けしてあります。 いちいち、環に通してなんかいられませんから。

  作りは、途轍もなく良いというわけではないですが、必要にして充分というレベル。 ネオライダースのメットのいいところは、メーカー名や、機種名などのロゴが、一切ない点でして、大変、すっきりしています。 ロゴなんて要らないんですよ。 メーカーの広告塔じゃないんだから。 SG・PSCマークは、あります。

  メット袋は、付属していませんでした。 ですが、アライのが一つ余っているし、そもそも、私は使わないので、必要ないです。 内装は脱着式ですが、試しに外して、壊したりすると馬鹿馬鹿しいので、最初の夏が終わるまでは、やりません。

  取扱説明書は、冊子ではなく、紙が二枚でした。 一枚は、使用上の注意。 もう一枚には、シールドと内装の脱着方法が書いてありました。 無駄がなくて、大変、好ましい。

  これが、四半世紀前から売っていれば、アライの高いメットを、3個も買わなくて済んだんですがねえ。 1個平均3万円として、9万円も使ったわけで、MA03なら、4200円ですから、3個で、12600円。 つまり、72400円も、損したわけだ。 地団駄踏みたい気分ですな。

  廉価ヘルメットというのは、スクーター・ブームの頃からあって、ホーム・センターや、バイク用品店などで売られていたのですが、フリー・サイズで、頭囲56~60センチくらいに収まる人でないと被れませんでした。 メーカーは、それ以外のサイズのも作っていたんですが、取り寄せ販売には対応できないという、小売店側の事情で、特殊なサイズを扱っていなかったのだと思います。

  それが、ネット時代になってから、状況が変わり、ネット・ショップには、フリー・サイズに拘る理由がないので、全サイズ、買えるようになったわけです。 廉価品メーカーの技術が高くなって、内装が取り外せるタイプが増えたのも、買う側にとっては、ありがたい変化でした。 前にも書きましたが、内装脱着タイプの方が、柔らかい部分のゆとりがあるので、フィット感は良くなります。


  午後2時半から、母と車で出て、兄嫁が入院している病院へ。 まだ、麻酔で、ヘロへロかと思いきや、歩いて出て来たので、ビックリ。 談話室で話をし、30分くらいで帰って来ました。 30分以内なら、駐車場が無料だったのですが、33分くらいかかってしまい、100円払って来ました。

  手術前に、かなり、念入りに、あちこち、検査したとの事。 それなら、転移はしていなかったのでしょう。

  帰りに、イオン系スーパーに寄って買い物をしたので、そこから家までは、ライト・オンで走りました。


≪ハンター≫ 1980年 アメリカ
  スティーブ・マックィーンさん、主演。 50歳の時の、遺作。 保釈中に逃亡した犯罪者を捕まえる賞金稼ぎの実話を元にした話。 いくつかの、別々の仕事を、妊娠している同棲相手との私生活を接着剤にして、繋いでいるパターン。 本来、緊張するはずの仕事の部分は、コミカルに描いていますが、コメディーではないので、笑うほど、面白くはありません。

  マックィーンさんのアクションが見せ場ですが、もう昔の映画なので、こんなものかなあ、という感想しか出ません。 CGなしで、これを撮影するのは、大変だったろうとは思うのですが。 一番大きな仕事は、8千ドルが、報酬額ですが、こんなにあちこち、壊しまくっては、大赤字なのでは? 学校のガス爆発も、緊急事態とはいえ、許されるとは思えません。 ほんとに、実話が元?

7493 ≪バイク用に防寒ハイソックス≫

7493.jpg

  11月13日に、「とらや」で、防寒ハイソックスを買って来ました。 2足組で、税込み、399円。 裏起毛パイル、とあります。 バイクで出かける時に、足首が寒いので。 これでも寒ければ、中に、ラップを巻こうかと思っています。

  3年前まで、ブーツを持っていたのですが、もう要らないと思って、売ってしまったのです。 14000円もするから、買い直す気はないです。 アンクル・ウォーマーという、足首から、脛までを覆う防寒具がありますが、それも、2500円くらいします。 ハイソックスとラップで代用できるなら、遥かに安いというもの。

  通勤時代と違って、早朝や深夜には乗らないから、何とか、乗り切れると思っています。

紐換え。早霧湖不着。猛暑期用メット届く。

  昨夜は、かなりの雨。 その後、風。 朝には、地面が乾いていましたが、風は一日中、残りました。


  外掃除の後、カー・ポートの、隙間塞ぎにしているビニール掛け軸のブラケットと、朝顔の網を縛ってあった、ビニール紐を外し、棕櫚縄で結び直しました。 ビニール紐は、屋外で使っていると、2年くらいで、ボロボロになってしまいます。 園芸用の棕櫚縄なら、数倍、長もちします。


  午後、バイクを出し、修善寺の早霧湖(さぎりこ)を目指したんですが、到着しませんでした。 幹線道路から、湖へ入って行く道を、一度通り過ぎてしまい、引き返して、何とか見つけたものの、すぐに、「道路崩落につき、全面通行止め」になっていて、それ以上、進めなかったのです。 「加殿へ回れ」と書いてありましたが、そこがどこなのか分からないので、打つ手なし。 時間を無駄にしないように、早々に諦め、帰って来ました。

  着かなかったのは、残念ですが、湖を見る事よりも、バイクで走るのが主目的だったので、そんなに落胆はしていません。 ただ、走るだけにしては、ちと、距離が遠過ぎたかな、と思うだけ。


  アマゾンに注文した猛暑期用ヘルメットですが、追跡をかけたら、朝の内に、最寄の集配センターに届いていたにも拘らず、届いたのは、夜の7時半頃でした。 年末だから、忙しいんでしょう。

  元箱に、直接、宛名シールを貼り付けてあって、剥がすのに苦労しました。 季節ごとにメットを換える場合、ヘルメットの元箱は、とっておかないと、しまうところがなくなってしまいます。 開け口の所を、ビニール・テープで、ベッタリ貼ってあって、時間がかかりそうだったので、今夜は、開封を見送りました。 箱の側面の表示によると、色とサイズは、注文通りのようです。

7492 ≪追加掛け布団の修繕≫

7492.jpg

≪写真1左≫
  冬に、追加の掛け布団として使っている、ピンクの布団。 最初に見た時には、凄い色だと思いました。 毎年、出すたびに、思いを新たにします。

≪写真1右≫
  さすがに、経年劣化し、破れて来ました。 繊維が、もう、ザクザク。 綿が見えています。 これは、放っておけません。 メインの掛け布団と同様に、皮を換える事にしました。

≪写真2左≫
  タグ。 「エクスラン」というのは、メーカー名なのか、ブランド名なのか、製品名なのか、不詳。 一体、何十年前に買われたのでしょう。 

≪写真2右≫
  換える皮を準備します。 父の部屋の机に入れてある、ミシン。 2分もあれば、縫い始められるようにしてあります。 

≪写真3左≫
  先立って、買ってあった、一番安い、掛け布団カバーです。 大き過ぎるので、裏返しにして、縦横10センチずつ、縫い詰めました。

≪写真3右≫
  余分な部分を切ります。 裏になるので、かがり縫いしなくても、直線で縫っただけで、ほつれて来るような事はないと思います。

≪写真4≫
  皮を剥がそうとしたのですが、ガッチリ縫ってあって、剥がせそうにないので、早々に諦め、上からカバーを掛けるだけにしました。

  場所がないから、物干し竿にかけて、何ヵ所か、ズレ止めの糸を通しました。 あっさり、完成。 しばらくは、これで、もつんじゃないでしょうか。 これを、更に、掛け布団カバーの中に入れて使います。 普段洗うのは、外のカバーだけ。