アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
換水録
ブログ紹介
(旧日替わり写真箱)
zoom RSS

ホーム・センター巡り。【獄門島】。≪マギー≫

2018/11/17 21:57

  午前中は、パソコン作業。


  午後、母自(電動アシスト車)で、街の方のホーム・センターを2軒回って来ました。 昔ながらのヒーターは、ありませんでした。 短くて、太い物が多いです。 そして、みんな、値段が高い。 時代はどんどん、変わりますなあ。 是非もなく、ネットで買う事にします。


≪横溝正史シリーズ 【獄門島】≫
  1977年の初放送の時に、【悪魔が来りて笛を吹く】までは、見たんですが、【獄門島】を見た記憶がありません。 第一回を見ても、記憶している場面が、一つもありませんでした。 第一シリーズのラスト、【悪魔の手毬唄】も見ていなかったので、たぶん、【獄門島】から、見るのをやめてしまったんでしょうねえ。

  後に、映画版、≪悪魔が来りて笛を吹く≫の監督を務める、斎藤光正さんが演出していて、なるほどと頷かされる、芸術的な映像ですな。 だけど、こういうのは、中学生くらいでは、理解できなかったかも知れません。 それで、見なくなってしまったのかな。 全然、覚えていないから、推測ですけど。


≪マギー≫ 2015年 アメリカ
  アーノルド・シュワルツェネッガーさんが、一応、主演。 しかし、娘役の方が、中心人物のように思えます。 ゾンビ物と、パンデミック物を混合した話。 家族がゾンビになってしまったら、どうするかというのがテーマ。

  昨今のアメリカ映画にしては珍しく、人間性を描こうとしています。 しかし、「ただの、露悪趣味」の一言で片付ける事もできます。 こういう映画を作ろうという発想そのものが、露悪。 露悪なものを、リアリティーたっぷりに作られると、露悪度が倍増するようです。 見ていて、心に沁みるより前に、気持ちが悪くなってしまうんですわ。

  シュワさん、よく、この映画に出たなあ。 シュワさんを起用する必然性が、ゼロだと思うのですが。 アメリカ映画は、確かに、衰えた。 その基盤をなしていた、アメリカン・ドリームが崩壊してしまったからだと思います。
記事へトラックバック / コメント


7102 ≪外箱蓋の修理≫

2018/11/17 08:27
画像

≪写真上≫
  外箱本体は、セメントを練るトロ舟ですが、蓋は、自作したものです。 もう、何年も使っていて、木製の枠はガタガタ、網格子は錆びて、浮いた塗装が剥がれ落ちる始末。

  作り直すとなると、千円くらい、かかってしまうので、今回は、大修理に留めました。 10月19日と、20日に作業。 枠はそのままで、木ネジを長い物に換えて締め直し、角をブリキ板で作った金具で補強しました。

  手前上面の真新しい板は、そうめんの箱を解体したものです。 このままでも、3年くらいはもちそうですが、雨に濡れて、腐って来るのは目に見えているので、来年の春、使い始める前に、何かしら、防雨対策を施そうかと思っています。

≪写真中≫
  網格子は、錆を落として、塗り直すつもりだったのですが、面倒になり、新しいのを二つ、ダイソーで買ってきました。 150円商品で、税込み、162円。 網格子は、今までに、何回か交換していますが、そのつど、売っている品のサイズが変わっていて、同じのを買えた例しがありません。 

≪写真下左≫
  枠を補強した、ブリキ板。 この板自体が、内箱の陸場を吊り下げるのに使っていた廃品です。 一部が錆びて使えなくなってしまったので、錆びた所を切り、残りを四分割して、補強金具にしました。

≪写真下右≫
  外箱の蓋は、冬の間、物置にしまっています。 この黒いビニール袋は、大昔に買った、ゴミ袋です。 まず、一袋を下から穿かせて、付けてある紐で縛り、次に、上から、もう一袋を被せてあります。
記事へトラックバック / コメント


週末作業。買い出し。亀のヒーター交換。

2018/11/16 20:38

  金曜なので、週末作業。 部屋掃除、掃除機かけ。 その後に、外掃除。


  6の付く日なので、母と車で、イオン系スーパーへ。 米もトイレット・ペーパーもないのに、荷室と後席が満杯に。 買い過ぎだわ。 うちの母、残り寿命が少ないと思って、お金を使えるだけ使ってしまおうと目論んでいるのでは? まあ、余ったところで、兄の懐に入るだけですから、私は、別にいいですけど。

  車のバック・ドアが、また、再ロックを起こしたので、隙間ゴムを、更に緩めました。 その上、家に帰ってきて、車置き場に入れようとしたら、パワー・ステアリングが据え切り現象を起こして、作動しません。 もう、いいわ。 車のコンディションを良い状態に保つ努力は、この辺でやめて、後は、騙し騙し使う事にします。 古い車である事を、改めて認識しなおさなければ。


  帰ってから、亀の水換え。 ケージの中の水が、妙に冷たい。 陽気が暖かいから、水が冷たく感じられるのかと思ったのですが、水替えが終わった後、しばらく経ってから、サーモを見たら、通電ランプが点いていないじゃありませんか。 ヒーターが、作動していなかったのです。

  サーモが壊れたかと思ったのですが、随分前にも、こんな事があり、その時は、ヒーターの方が壊れていて、ヒーターが通電しなくなると、サーモの通電ランプも消えるという仕組みなのでした。 今回も、そうかと思い、予備のヒーターを出して、バケツの水に入れ、サーモに繋いでみたら、ちゃんと、ランプが点きました。 壊れたのは、今度もヒーターだったわけだ。

  で、水換えしたばかりですが、また水を抜き、ヒーターを見てみたら、根元が外れて、電極が見えていました。 こーりゃ、通電しないわなあ。 生き物が感電しないように、ヒーターが壊れると、サーモからの電気が切れるように作ってあるわけだ。

  ヒーターを交換して、「とりあえず、安心」と思ったのですが、今度は、温まるのが、妙に遅い。 2時間過ぎても、まだ、サーモのランプが消えません。 古過ぎて、駄目なのか。

  で、新しいヒーターを買おうかと思ったのですが、なんと、実店舗でも、ネットでも、以前買った時の、2倍以上の値段になっていました。 15年も経つと、こんなに上がるものなのか・・・。 もう少し、実店舗巡りを続けてみます。
記事へトラックバック / コメント


7101 ≪亀の取り込み≫

2018/11/16 09:21
画像

≪写真上≫
  10月19日に、亀を、ベランダの外箱から、自室の内箱に移しました。 大体、毎年、10月半ばくらいですが、日は決まっていません。 亀の動きが鈍くなり、人間の感覚でも、朝が寒く感じられるようになったら、その週末に取り込むという感じです。

  ヒーターが入った温かい室内箱に入れられて、亀も喜んでいます。 うるさいくらいに・・・。 温度が変わるだけで、こうも活発になるとは、変温動物の精神構造には、窺い知れぬものがあります。

≪写真中≫
  外箱が置いてあった場所。 冬の間は、何も置いていません。

≪写真下≫
  外箱は、冬の間、引っ繰り返して、階段の下にしまってあります。 この階段は、ベランダから、建て増しした物干し台に上がる為のもの。 家族が減ったので、物干し台の方は、普段は使っていません。
記事へトラックバック / コメント


某銀行縁切り作戦始動。クリア・ファイルを買う。

2018/11/15 20:38

  ほぼ、晴れ。


  以前、「問題を起こした銀行から、預金を引き揚げた」という事を書きましたが、その銀行、難局を乗り切るどころか、その後、ますます、まずい状態になって来たので、苦渋の決断で、完全に縁を切る事を決意しました。

  積立預金の引き落とし口座が二つ。 国民年金の振替口座が一つ。 あと、最も大きいのが、個人型確定拠出年金です。 その四つ全てに、今日、電話をかけたり、ネット上で手続きしたりして、切り替え用の申請書を送ってもらうように頼みました。 

  確定拠出年金は、軽の新車の安めのが買える程度の金額なので、その銀行に破綻されでもしたら、惜しいでは済まない損害になります。 一応、預金保険の対象らしいですが、何が起こるか分からないで、破綻してから手続きするより、今の内に、他の運営管理機構に乗り換えたほうが安心。 手続きで、数万円は損するでしょうが、ゼロになってしまうよりはいいです。

  引退生活が長くなると、こういう契約関係の書類を読み直すのが、きつくなります。 頭が腑抜けになっているんでしょうな。 特に、確定拠出年金は、銀行や、関連会社の通知書類だけでは、どうしていいか分からず、ネットで、イデコのサイトを調べて、ようやく、他の銀行に切り替えられる事が分かった次第。 それだけで、2時間くらいかかりました。 なんで、こんなに複雑な仕組みになっているか、理由が分からない。

  この件については、進捗があれば、また、書きます。


  午後、香貫山へ。 帰りに、ダイソーに寄って、B4クリア・ファイルを買って来ました。 昨日届いた、ミラのカタログを入れる為です。 とりあえず、しまうだけしまってしまい、見るのは、何ヵ月か先になります。
記事へトラックバック / コメント


7100 ≪庭の夏片付け/ よしず復活≫

2018/11/15 07:59
画像

  10月10日前後に、ちょぼちょぼと、庭の夏片づけをしました。 撮影は、10月12日。

≪写真上≫
  ここは、カー・ポート下。 朝顔を抜き、プランターは撤去して、一ヵ所に集めました。 網は、年中、このままです。

≪写真中≫
  これは、家の北側。 土が見えている所は、夏の間、露草で覆われていましたが、花が終わったので、全て抜きました。 残っているのは、黄楊の木の根から出た、ひこばえだけです。  

≪写真下≫
  車置き場南側の、仕切り格子ですが、朝顔を植えてあったプランターと支柱を撤去し、代わりに、よしずを垂らしました。 このよしずは、2016年9月7日に、車の雨避けとして、ダイソーで432円で買ってきたもの。 半年くらい掛けた後、風でまくれてしまうので、外して、物置にしまってあったのですが、また、復活させました。 今度は、裾を銅線で固定し、まくれないようにしました。 手前の鳳仙花に、妙に、よく合います。
記事へトラックバック / コメント


医院へ往復。ミラのカタログ13冊届く。

2018/11/14 20:51


  曇り、時々、晴れ。


  外掃除の後、母が、近所の糖尿病医院に行くのを送って行き、駐車場で待って、終わってから、乗せて帰って来ました。 こういう場合、迎えに行ったわけではないから、「送迎」とは言えないんでしょうな。

  待ち時間、30分くらいだったでしょうか。 そういう時だけ、車のラジオをかけます。 ろくな情報は聞けませんが。 実は、カセット・デッキも付いているんですが、かけるカセットがありません。 いや、昔のなら、何本かとってあるんですが、今更、サザンやレベッカを聴いてもねえ・・・。

  車の中で見ていると、やって来る患者が、高齢者ばかり。 この人達が、いずれ、みんな要介護になっていくと思うと、背筋が寒くなります。 誰が、面倒見るんでしょうか?


  午後、香貫山へ。 今日は登って来ました。


  夕方、ヤフオクで落札したミラのカタログ13冊が届きました。 ほとんど、初代で、少し、2代目が混じっています。 初代は、1980年登場ですから、私が、高校生だった頃に、売られていた車です。

  高校のグラウンドの裏に、黄色の初代ミラを置いてある家がありました。 あれは、たぶん、初代の前期型で、買ったばかりだったのだと思います。 遠い記憶ですが、バック・ドアに張られた、4分の1円形のステッカーを、はっきり覚えています。 その頃には、まだ、数年後に自分が、初代中期型を中古で買う事になるとは思っていませんでした。

  高校は、その後、校舎が建て替えられて、当時の面影は全くなくなってしまいましたが、あの家は、まだあるでしょうか? 今度、見に行ってみます。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

換水録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる