買い出し。妙法華寺。

  朝は、晴れ間が見えましたが、その後、曇りました。 気温が低く、昼下がりが、一番寒く感じられました。 夕方になって、また、晴れ間。


  6の付く日で、イオン系スーパーへ母と車で買い出し。


  午後、バイクを出し、三島の箱根山麓にある、妙法華寺へ行って来ました。 竹倉温泉までは行った記憶があるのに、その奥の妙法華寺には記憶がないというのも変なので、若い頃に来た事があるのかも知れませんが、綺麗さっぱり、忘れていました。

  大きなお寺でした。 桜の名所だそうで、今行っても、時期外れ。 寒くて寒くて、たまったもんじゃありませんでした。 「お萬の方、お手植えの桜」、あり。 想像していた物より、小さかったです。

  そのまま東に向かい、国道一号に出て、帰って来ました。 EN125-2Aで、国一を走るのは、ちと厳しいものがあり、後ろに列が出来てしまわないように、必死で走りました。 スピードが出ると、ますます、寒い。 やはり、真冬のツーリングは、晴れた日でないと、駄目ですな。 服を追加すれば、耐えられると思いますが、それよりも、天気を選んだ方が良さそうです。

  帰ってから、母に訊いたら、子供の頃に、父の運転する車で連れて行った事があるとの事。 なるほど。 どこかのお寺で、「○○お手植えの○○」というのを見た記憶があったのですが、もしかしたら、それが、妙法華寺だったのかも知れません。 やはり、子供の頃に、あちこち連れて行かれても、駄目ですな。 みんな、忘れてしまいます。 本人か親が、日記でもつけていないと。

7527 ≪首枕 / グロー球 FG-4P≫

7527.jpg

  今回も、ダイソーで買って来たもの。

≪写真上≫
  首枕。 母が、居間の炬燵で、座椅子に座って、眠りこけている時に、首が傾いて厳しそうなので、誕生日に、「首枕は欲しいか?」と訊いたら、最初は、「そんなの要らない」と言ったものの、首枕が何なのか分かっていない模様。 説明したら、欲しいと言うので、ダイソーで買って来ました。 330円。

  ところが、使ってみたのは、その日だけで、次の日からは、手も触れなくなりました。 恐らく、捨てるタイミングを見計らっているものと思われます。 うちの母というのは、そういう人なのです。

≪写真下左≫
  台所の天井灯にしている。40ワット丸形蛍光灯のグロー球が切れ、買い置きしてあったものを、使ってしまったので、次の買い置きを買って来ました。

  前回は、セリアで、「FG-4P 2個入り」を買ったのですが、いつのまにか、商品棚からなくなっていました。 1個入りも2個入りもなく、「FG-4P」そのものが置かれなくなった模様。

  で、12月15日に、ダイソーに行ったら、2個入りがあったので、買って来た次第。 110円。

≪写真下右≫
  裏に、適合器具が書いてあります。 グロー球は、適合していなくても、付いてしまう事があるので、要注意。 以前、40ワット蛍光管に、間違えて、「FG-5P」を付けていたのですが、年中、蛍光管が切れて、どえらい無駄な出費をしていました。

靴下止め。夏用ハイソックス。

  未明に雨。 朝には上がり、次第に晴れて行きました。


  午後、香貫山へ。 久しぶりに、斎場に下りました。 今日は、ボイラーが動いていませんでした。 そういう日もあるのか。


  バイクに乗る時に、ハイソックスがズレ落ちないように、靴下止めという物がある事を知り、アマゾンに注文したのが、12日の事。 6時間後には、発送メールが来たので、二日くらいで届くかと思ったら、届きません。 良く見たら、海外発送で、中国からだから、2週間かかるのです。 なるほど、だから、お届け予定日が、26日になっていたわけだ。 納得納得。 別に急がないので、気長に待ちます。

  夏にも、薄手のハイソックスがあればいいと思い、今日、アマゾンで、スポーツ用のソックスを注文しました。 これも、中国からの発送で、6時間後には、発送メールが来ました。 到着予定は、31日。 遥か先だな。 ところで、値段ですが、なんと、海外から来るのに、送料込みで、160円です。 どういうシステムで、誰が幾らの儲けを得ているんでしょうか。

  レビューに、「物凄く安いが、物凄く薄い」とありました。 貶しているわけですが、私は、ハードなスポーツをする気はなくて、バイクに乗るだけなので、支障ないでしょう。 夏に穿く分には、薄い方が、涼しいし。

7526 ≪アロエの花≫

7526.jpg

  庭で咲いた、アロエの花。 撮影は昼間ですが、背景が暗かったので、画像加工ソフトで、コントラストを上げたら、こんな感じになりました。

  うーむ、芸術写真っぽいな。 だけど、こういう写真ばかり撮っていると、飽きます。 また、ネット上で、写真趣味仲間の友人を失う場合もあります。 撮る方も飽きるし、見せられる方も飽きるわけだ。

ゴミ掃除当番。母のバッグを買う。

  快晴。 風なし。 暖かくなりました。


  燃やすゴミ、プラスチック・ゴミの集積所当番で、回収車が行った後、掃除に行きました。 前回の当番が、綺麗に掃除してあったようで、小さなゴミも、ほとんど、ありませんでした。 私の家の、前の番は、かつて、何も掃除せずに、バトン代わりの箒・塵取りを置きに来るだけの、いい加減極まりない女でしたが、まさか、改心したわけではありますまい。 どうやら、家が代わったようです。 近所の住人の事で、良くなる事もあるのか。


  午後、母自で、西友、スポーピア白鳥、GU、ワークマンと周り、夏用のハイソックスを探したのですが、リーズナブルなのが、見つかりませんでした。 真冬に、夏物を探すのが、そもそもの間違いなのかも。

  代わりに、西友で、母が買い換えたいと言っていたバッグを見つけて、帰ってから、母に伝えたところ、すぐに買いに行く事になり、車を出して、母を乗せて行きました。 今までに使っていたのと、良く似た、3000円くらいの品。 ついでに、夕飯に、惣菜弁当も買って来ました。

7525 ≪猛暑期用ヘルメット ネオライダース MA03≫

7525.jpg

  夏の猛暑期に被る為に、アマゾンで購入した、シールド付きジェット・ヘルメット、「ネオライダース MA03 メタリック・シルバー XL」です。 12月10日に注文して、12日に届きました。 なぜ、冬に買ったのかというと、品切れで買えない時があるからです。

≪写真上≫
  斜め前から。 シールドは、顎まで隠れる、大きなタイプです。 廉価品ヘルメットには、シールドの縦幅が狭いものがありますが、走っている時には、顎までしっかり覆う物の方が、吹き込む風による不快感が少ないです。 雨天も乗るというのなら、もちろん、顎まで隠れる物の方が良いです。 冬は・・・・、冬は、フルフェイスを別に買った方が、楽ですな。

  シールド・アームがないタイプを初めて買ったので、あるタイプと、どう違うのか、よく分かりません。 シールドは、取り外し可能で、別売りのが何種類かあるようですが、買う予定はないです。

  額部分には、存在感が強い、空気取り入れ口があります。

≪写真中左≫
  斜め後ろから。 空気が出る部分は、左右二ヵ所に分かれています。 今時のメットにしては、シンプルなタイプ。

≪写真中右≫
  元箱。 派手だ。 なんで、「×」なのか、分かりません。 届いた日の撮影で、天面に、宛名シールが貼られています。 これを剥がすのに苦労しました。 元箱は、オフ・シーズンに、メットを入れておく為に、保存します。

≪写真下≫
  取扱説明書、2枚。 写真の大きさが、逆転していますが、左側のは、折り畳むと、掌に乗る程度の、小さな物。 右側は、A4サイズです。 箱から取り出すと、なくしてしまいそうなので、撮影しておき、パソコンで見る事にしました。


  試し被りしたところ、「アライ SZ」と比べると、小さいと言うか、浅いです。 思い切り下に下げないと、耳が空間に入りません。 被ってしまえば、まあまあ、問題ない感じ。 裾は、やはり、短いです。 襟との間に隙間が出来るから、風が通って、涼しい反面、日が当たると、暑いかも知れませんな。

  被り心地は、きついと言えばきついのですが、内装に押し付けられているきつさで、頭が帽体に当たる感じではないです。 その内、慣れるでしょう。

  顎紐の長さは、一番短い状態で、ちょうど良いくらい。 このメットが被れる人は、すべて、一番短くするのではないでしょうか? よほど、顔の長い人なら、別ですが。 顎紐には、ワンタッチ式の留め具が付いています。

  元箱に収めて、押入れに保管。 来年の7月頃になったら、出番となります。

大男山。黒柳。

  快晴。 風もなし。


  正午頃、母自で出て、伊豆の国市・江間の南にある、「大男山」へ行って来ました。 何と読むのか分かりません。 ごく最近、ネット上で存在を知った山です。

  1時間15分くらい走って、珍野口バス停の少し東側から、コンクリート・ブロック垣の間にある坂道に入り、傾斜地に広がる墓地へ。 坂道の上に自転車を停めて、登山開始。 すぐに、深い竹林になり、その途中で会った地元の人に訊いたら、山頂へ向かう道だというので、安心して登って行きました。

  ネットで読んだ登山記録では、竹林は一部に過ぎなかったのですが、数年の間に領域が拡大したのか、全行程の半分くらいが、竹林になっていました。 雑木林が、竹林に飲み込まれつつある過程という感じ。

  反射板がある所へ到着。 何の反射板なのか、分かりませんが、とにかく、大きな広告看板のような作りの反射板があるのです。 そこは眺めが良くて、長岡の街が見渡せました。 少し離れた山頂は、木に囲まれていて、ほとんど、眺望がありませんでした。

  元来た道で、下山。 自転車に戻り、長岡へ向かって、黒柳で温泉饅頭を買いました。 急いで家に帰りましたが、着いたのは、3時20分頃でした。 黒柳に寄ったのは、欲張り過ぎだったか。 また、腿が攣ってしまいました。