テーマ:日常

7984 ≪3月後半の床の間・その他≫

  3月19日に、床の間の掛け軸と、階段壁、2階トイレの額の写真を換えました。 基本的に、月変わりで換えているのですが、4月1日を待っていては、桜の写真が時期遅れになってしまうので、今回は、早めに換えた次第。 床の間の掛け軸は、桜と関係ありませんが、ついでです。 ≪写真左≫   床の間の掛け軸。 左側の、「春景富峰図」は、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7983 ≪ガス警報機の交換≫

  3月17日に、ガス屋が、レンタル警報機の交換に来ました。 台所に入って来るわけで、作業がし易いように、且つ、時節柄、余計な所に触られないで済むように、準備をしておかなければなりません。 ≪写真上左≫   で、作業の邪魔になる茶箪笥を、そっくり、動かしました。 私の背より高い大物ですが、カラー・ボックス式の組み立て家具なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7974 ≪消火器台製作≫

  3月4日に、新しく買って来た消火器には、背面に、引っ掛ける部分がなかったので、6日、7日と、二日間かけて、台を作りました。 撮影角度が異なる写真を、二枚出しておきます。 安っぽく見えるのは、主な材料が、お中元のそうめんが入っていた木箱を解体したものだからです。   下側が台で、上側は、転倒防止枠です。 台は、左右の板を、台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7973 ≪消火器更新≫

  ガス屋が、レンタルのガス警報機を交換に来るという通知が来たのですが、文面を読むと、消火器もレンタルしている家がある様子。 うちは違うのですが、もし、消火器を見られたら、期限切れである事が分かってしまいます。 消火器のレンタルまで薦められるのも嫌なので、買い換えておく事にしました。 ≪写真左≫   まずは、古い方から。 元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7972 ≪3月前半の床の間≫

  3月1日の撮影。 床の間の掛け軸です。 左の「牧童」は、2月から引き続き掛けていますが、右の「富峰図」を、「冬景」から、「春景」に換えました。   「牧童」の方には、梅が描かれており、季節的には、せいぜい、3月中旬くらいまでですが、毎年、厳密に換えているわけではないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7968 ≪2ヵ月カレンダー≫

  ネットで、無料カレンダーをダウン・ロードして、使っています。 年間カレンダーは、壁にかけていますが、その他に、2ヵ月カレンダーを、日記メモ用に使っています。 予定を書き込む事は稀で、起こった事を後から書くようにしています。   下敷きは、ダンボール板を材料に、自作したもの。 上一辺と、右下一角を挟み込むようになっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7962 ≪香炉≫

  開けた障子から差し込む日射しに照らされた、床の間の香炉。 父の部屋に箱があるので、たぶん、父が買った物。 掛け軸を買っていた通販カタログに載っていたんじゃないでしょうか。 父の価値観から考えて、どんなに高かったとしても、5万円以上ではないと思います。   うちでは、完全な置物で、香をくべた事は、一度もありません。 三本脚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7959 ≪シュミテクト・デイリーケア+≫

  シュミテクトは、去年(2020年)の1月から使い始めました。 今年の2月24日の朝、2本目を使い終わり、買い置きしてあった、3本目を出しました。 最初の1本だけ、「やさしくホワイトニングEX」で、2本目からは、一番安い、「デイリーケア+」にしています。 配合されているフッ素の量は同じ。 500円くらい。   これだけだと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7944 ≪トイレット・ペーパー・ホルダー・カバー補修≫

≪写真左≫   2階トイレで、こういうトイレット・ペーパー・ホルダー・カバーを使っています。 上側部品をホルダーに被せてから、下側部品をかけます。 下側部品には、予備のペーパーを一巻き、入れる事が出来ます。 ≪写真右上≫   それが、2月9日に、洗ったら、上側部品のプラスチック製裏板が、割れてしまいました。 寿命と言えば言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7941 ≪アマゾンで水石鹸一斗缶18リットル≫

  数年前、積立預金のポイントで、ごっそり貰ったハンド・ソープ、「キレイキレイ」が、いよいよ、残り僅かになって来たので、なくなる前に、次を用意しておこうと思い、2月6日に、アマゾンで、水石鹸を注文しました。 18リットルの一斗缶です。   翌7日の正午頃には、届きました。 東京からですが、異様に早いな。 カネヨ社の、「水石けん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7937 ≪2021年2月の床の間・その他≫

  「床の間・その他」ですが、もう、パターンが決まってしまっているから、しばらく、出さなかったのですが、1月下旬から、2月初頭にかけて、静岡県が発令した、「感染拡大緊急警報」のせいで、外出が減り、撮った写真が少ないので、穴埋め的に、2月の分は出す事にします。 ≪写真左≫   床の間。 左が、「牧童」。 右が、「冬景富峰図」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7931 ≪ダイソーで急須 / スプレー口≫

  1月26日に、最寄のダイソーに行きました。 母が、急須を落として割ってしまったので、急遽、買い直しに行ったもの。 ≪写真上≫   割れたのは、白・ピンクの花柄だったのですが、それは見当たらず、これしかありませんでした。 形は同じです。 440円商品。 それでも、ホーム・センターやスーパーで買うよりは、安いです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7925 ≪ビニ手「ブルーフィット」≫

  この冬は、去年までの暖冬とは打って変わって、寒さが厳しくなり、水仕事の後、ハンド・クリームを塗るだけでは、あかぎれを防げなくなりました。 ≪写真左≫   で、1月17日に、ホーム・センターで買って来たのが、このビニール手袋。 ショーワグローブ社の、「ブルー・フィット」という品。 税込み、110円。 2015年に、シュンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7924 ≪握り鋏の錆取り≫

  ベランダ下に置いている小型物置の中から発掘した、握り鋏です。 母が庭仕事用に使っていた物ですが、母が庭に出なくなってから久しく、金属部分が、真っ赤に錆びていました。   サンポールに浸けて、錆を落とし、石鹸水で中和して、乾かしたら、こうなりました。 元は、メッキされていたわけですが、跡形もありません。 なぜか、金属部分が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7916 ≪圧力鍋の蓋取っ手を切る≫

  1月5日の夕食に、母が、カレーを作ったのですが、圧力鍋の蓋を、噛み合っていない状態で、無理やり閉めたせいで、開かなくなってしまいました。 やむなく、蓋側の取っ手を、金槌で叩いて回したのですが、金属の芯が入っておらず、いとも用意に、割れてしまいました。 ≪写真上≫   そのままでは、危ないので、1月7日になって、蓋を庭に持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7909 ≪年賀状の自然浄化≫

  元日、年賀状が来たのですが、外部から入って来た物なので、ウィルスが付着している恐れがあり、父の部屋で、新聞紙の上に並べ、一日、自然浄化させました。   紙についた新型肺炎ウィルスは、2時間程度で死滅するらしいので、差出人のウィルスは、とっくに死んでいるわけですが、配達人のウィルスは、つき立てですから。 一日おき、更に、念の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7891 ≪ベッド下掃除≫

  12月13日、布団を干したついでに、ベッドの板も干し、ベッド下に掃除機をかけました。 はっきり決めているわけではないですが、半年に一回くらい、やっています。 ハンディー・サイクロン掃除機のゴミ溜まりが、半分埋まるほど、埃が取れます。   現役で働いていた頃、ベッド下は、飽きた趣味の品の残骸で、びっしりでしたが、引退後、大片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7882 ≪植木手入れ②≫

≪写真上≫   手入れ後の、最大松。 背の高さが、うちの庭で最大という意味です。 植えて育てたのは、父ですが、名前は、私が勝手につけました。   形がどうのこうのというより、枯葉を毟り落として、緑の葉にするだけで、随分と、綺麗になります。 芽が混み合っている所があれば、いくつか切り除いて、すかします。 黒松は、春5月と、冬1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7881 ≪植木手入れ①≫

  11月29日、12月1日、2日、3日と、4日間かけて、庭の植木の手入れをしました。 専ら、松と槙の剪定です。 松は、木鋏で、一つ一つ、芽を摘み、槙は、刈り込み鋏で刈り込みます。 ≪写真上≫   二階のベランダから、南側の裏庭を見た様子。 アフター写真です。 毎年、同じように、手入れしているつもりなんですが、知らず知らずの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7879 ≪ハンド・クリーム≫

  冬場、水仕事をした後に、あかぎれを防ぐ為に、手の甲に塗っている、ハンド・クリームです。   右側は、アトリックスで、母から、使いかけを譲り受けたもの。 もらったのは、2年くらい前で、その時点で、4分の1も残っていませんでしたが、まだ、使い終わりません。 一回に塗る量は、ほんのちょっとだからです。 少なめ少なめに塗って、肌が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7878 ≪2021年元日≫

  日替わり写真は、普段、約一ヵ月前に撮影した写真を出していますが、大晦日と、元日だけ、撮り立ての写真を出します。 元日の分は、全て、朝に撮ったものです。 ≪写真1左≫   床の間の鏡餅の前に、雑煮の里芋と大根を供えてあります。 このお供えは、三箇日の朝、神棚や火の神にも上げます。 雑煮なのに、餅を入れないのは、鏡餅や供え餅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7877 ≪大晦日≫

  日替わり写真は、普段、約一ヵ月前に撮影した写真を出していますが、大晦日と、元日だけ、撮り立ての写真を出します。 ≪写真1≫   これは、12月30日の撮影。 30日に、お飾りや注連縄を取り付けます。 いずれも、26日に、イオン系スーパーでビニール袋に入った品を買って来ました。 合計で、4000円くらいでしょうか。 注連縄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7874 ≪父の部屋≫

  2020年11月23日の、父の部屋。 父の死後、2016年秋から、17年春にかけて、大片づけした後、これといって、変化なし。 週に一度、拭ける所は拭き、床に掃除機をかけ、エアコンを5分くらい、動かしています。   エアコンがあるので、夏場の猛暑期だけでも、この部屋で眠ろうかと、何度も思っているのですが、その為には、ベッドを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7870 ≪芍薬の造花≫

  11月23日の撮影。 旧居間の元テレビ台の上に置かれた、芍薬の造花です。 日の光が当たっていたので、撮ってみましたが、花の表側が飛んでしまいました。   前にも、この造花を撮影した事がありますが、その時は、より絶妙な光加減でした。 造花は、いつまでも変わらないけれど、私の写真の腕は、どんどん衰えているようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7825 ≪長柄草掻き自作≫

  盆栽棚の下で作っている腐葉土を掻き出す為に、草掻きに長柄を付けて、長柄草掻きを自作しました。   腐葉土の掻き出しは、最初、8月19日に、スコップと鍬でやったのですが、その時、鍬が重過ぎて、右腕を痛めてしまいました。 二ヵ月経っても、まだ痛いので、もしかしたら、骨にヒビでも入ったのかもしれません。   それに懲りて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7823 ≪蕎麦殻枕の手入れ≫

  年に一度、蕎麦殻枕の手入れをしています。 今年は、10月11日に行ないました。 蕎麦殻を干している様子は、毎年、同じなので、割愛。 ≪写真上≫   蕎麦殻袋を洗って干し、蕎麦殻を入れて、口を縫い直しました。 年に一度でも、洗っていると、脂ジミがつかずに、維持できます。 ≪写真中≫   古いワイシャツで作った枕カバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7822 ≪ベッド新聞紙≫

  私のベッドは、クッションなしで、板の上に新聞紙を敷き、その上に、布団を敷いています。 新聞紙は、湿気を吸わせる為の物。   2枚ずつ、4組、合計8枚を並べています。 つい、2ヵ月ほど前まで、半月に一度の布団干しのタイミングで、8枚全てを交換していたのですが、「それほど、頻繁でなくてもいいか」と考えを変え、足下の1組2枚だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7813 ≪麦茶≫

  今年の麦茶。 54袋入り。 6月か7月頃に買ったパックですが、なかなか、飲み終わりません。 なぜか、今年は、母が麦茶を飲まなくなってまい、私一人だけで飲む事になったのが、理由。   左の容器に、2袋ずつ入れます。 煮出しの方がうまいのは知っていますが、わざわざ、それだけの手間をかけるほど、麦茶の味に拘りはないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7811 ≪仕切り格子・潜り戸のパイプ修理≫

≪写真上≫   車置き場と裏庭を分けている、仕切り格子の潜り戸で、パイプが一本、破断してしまいました。 雨が直接当る所ではないんですが、錆びて腐ってしまったようです。 防犯上、問題あり。 9月23日頃、発見し、25日には直しました。 ≪写真中左≫   竹の一部を切り取って作った、継ぎ手。 削らなくても、径はピッタリでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7809 ≪金時山Tシャツの漂白≫

  何年か前に、母から貰った、金時山Tシャツ。 夏場の、寝巻き、兼、庭掃除用の服にしていたのですが、汗で、黄ばんで、というより、赤くなってしまったので、漂白剤に浸けたら、見事に、白さがよみがえりました。 捨てようかと思っていたのですが、これで、まだ、何年か、着られそうです。   金時山というのは、箱根の北にある、金太郎で有名な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more