テーマ:読書

7194 ≪点と線≫

≪点と線≫ 新潮文庫 新潮社 1971年5月25日/初版 1981年10月30日/41版 松本清張 著   清水町立図書館にあった本。 カバーは、なし。 寄贈本です。 「清水町公民館図書館 昭和59年4月21日」のスタンプあり。 昭和59年は、1984年。 つまり、1984年までは、清水町立図書館は、存在していなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7187 ≪黒の様式≫

≪黒の様式≫ 新潮文庫 新潮社 1973年9月25日/初版 1975年12月30日/9版 松本清張 著   清水町立図書館にあった本。 カバーはないです。 新潮文庫の表紙は、この頃から、変わりませんな。 葡萄のマークで。 もっとも、最近は、文庫本を、ほとんど買っていませんから、今も同じかは知りませんけど。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7180 ≪火と汐≫

≪火と汐≫ 文春文庫 文藝春秋社 1976年2月25日/初版 1978年9月15日/7版 松本清張 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和56年5月21日」のスタンプあり。 昭和55年は、1981年。 カバーはないです。 中編1、中編3の、計4作を収録しています。 【火と汐】 約11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7173 ≪華やかな野獣≫

≪華やかな野獣≫ 角川文庫 角川書店 1976年8月/初版 1976年10月/3版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 1980年ですな。 寄贈本ではなく、横溝正史ブーム中に、図書館で買ったものと思われます。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7166 ≪幽霊座≫

≪幽霊座≫ 角川文庫 角川書店 1973年9月/初版 1976年8月/11版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 1980年ですな。 寄贈本ではなく、横溝正史ブーム中に、図書館で買ったものと思われます。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7159 ≪ペルシャ猫を抱く女≫

≪ペルシャ猫を抱く女≫ 角川文庫 角川書店 1977年11月10日/初版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 中編1、短編8の、計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7152 ≪蔵の中≫

≪蔵の中≫ 角川文庫 角川書店 1975年8月10日/初版 1981年9月10日/22版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 購入年月日、不明。 寄贈本でもないです。 珍しく、カバーが健在ですが、かなりくたびれていて、裏表紙側の折り返しは、3分の2くらい、切れてしまっています。 勝手に直すのも、却って悪いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7145 ≪双仮面≫

≪双仮面≫ 角川文庫 角川書店 1977年10月30日/初版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 1977年の初版本なのに、1980年に買われたというのは、不思議ですな。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7138 ≪○○扇の女≫

≪○○扇の女≫ 角川文庫 角川書店 1975年10月30日/初版 11月30日/2版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 長編1、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7131 ≪夜光虫≫

≪夜光虫≫ 角川文庫 角川書店 1975年8月30日/初版 11月20日/4版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 長編1作を収録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7124 ≪迷路の花嫁≫

≪迷路の花嫁≫ 角川文庫 角川書店 1976年11月10日/初版 11月20日/3版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 長編1作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7117 ≪幻の女≫

≪幻の女≫ 角川文庫 角川書店 1977年3月/初版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 中編2作、短編1作の、計3作品を収録して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7110 ≪殺人鬼≫

≪殺人鬼≫ 角川文庫 角川書店 1976年11月10日/初版 1976年11月20日/3版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 昭和55年は、1980年。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7106 ≪吸血蛾≫

≪吸血蛾≫ 角川文庫 角川書店 1975年8月/初版 1975年12月/4版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 昭和63年(1988年)11月4日の寄贈本。 寄贈者の名前は、書いてありません。 88年では、横溝正史ブームが過ぎて、だいぶ経ってからですな。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7103 ≪魔女の暦≫

≪魔女の暦≫ 角川文庫 角川書店 1975年8月/初版 1976年2月/5版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 1980年ですな。 寄贈本ではなく、横溝正史ブーム中に、図書館で買ったものと思われます。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7099 ≪幽霊男≫

≪幽霊男≫ 角川文庫 角川書店 1974年5月/初版 1976年10月/11版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 1980年です。 寄贈本ではなく、図書館で買ったもの。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7096 ≪恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)≫

≪恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)≫ 角川文庫 角川書店 1977年3月/初版 横溝正史 著   私が所有している本。 1995年9月頃に、古本屋を巡って、横溝正史作品を買い漁った時の一冊です。 買った直後に、一度読んでいます。 2015年に、手持ちの横溝作品を読み返した時に、この本も、漏れていました。 短編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7089 ≪花髑髏≫

≪花髑髏≫ 角川文庫 角川書店 1976年4月/初版 1976年8月/3版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプあり。 1980年ですな。 寄贈本ではなく、横溝正史ブーム中に、図書館で買ったものなのでしょう。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7082 ≪壺中美人≫

≪壺中美人≫ 角川文庫 角川書店 1976年7月/初版 1976年9月/2版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 寄贈本で、「清水町公民館図書室 昭和56年4月7日」のスタンプが押してあります。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 角川の古い「鳳凰マーク」入り。 長編1作、短編1作の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7075 ≪白と黒≫

≪白と黒≫ 角川文庫 角川書店 1974年5月/初版 1975年12月/8版 横溝正史 著   うちにあった本。 所有者は、私。 もう、大昔ですが、1995年9月頃に、沼津・三島の古本屋を回って、横溝正史作品を買い漁った事があり、その時に買った内の一冊です。 買った直後に、一度読んでいます。 歳月は流れ、引退後、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7068 ≪夜歩く≫

≪夜歩く≫ 角川文庫 角川書店 1973年2月/初版 横溝正史 著   うちにあった本。 所有者は、母ですが、元は、製本会社に勤めていた父方の叔父が、母への土産に持って来たもの。 カバー・イラストは、杉本一文さんですが、旧版の方です。 ≪夜歩く≫に限っては、旧版の方が、絵が優れているような気がします。 内容を分かり易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7061 ≪塙侯爵一家≫

≪塙侯爵一家≫ 角川文庫 角川書店 1978年2月/初版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 これの前に借りた≪びっくり箱殺人事件≫と同じく、「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプが押してあります。 購入された日も同じだった模様。 カバーはなく、波模様になる前の、角川文庫の本体表紙です。 ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7047 ≪びっくり箱殺人事件≫

≪びっくり箱殺人事件≫ 角川文庫 角川書店 1975年1月/初版 1976年2月/8版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 「清水町公民館図書室 昭和55年7月2日」のスタンプが押してあります。 町立図書館が出来る前には、公民館に図書室があったのでしょう。 この本は、寄贈本ではないです。 カバーはなくて、波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7040 ≪悪魔の寵児≫

≪悪魔の寵児≫ 角川文庫 角川書店 1974年3月初版 1977年9月18版 横溝正史 著   清水町立図書館にあった本。 ≪モース警部、最大の事件≫を借りる為に出向いた時、貸し出しカードを作ってもらっている待ち時間に、書架を見ていたら、文庫コーナーに、横溝正史作品が並んでいて、読んでいない本もあったので、次に行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7033 ≪モース警部、最大の事件≫

≪モース警部、最大の事件≫ ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス ハヤカワ・ミステリ 早川書房 1995年2月初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男/他 訳   清水町立図書館にあった本。 この本を読む為に、わざわざ、貸し出しカードを作ってもらいました。 清水町の図書館へは、何回か行った事がありましたが、借りた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7026 ≪悔恨の日≫

≪悔恨の日≫ ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス ハヤカワ・ミステリ 早川書房 2000年10月初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男 訳   沼津市立図書館にあった本。 文庫版もありましたが、新書版の方を借りて来ました。 文庫版と新書版では、訳者あとがきの内容が違うので、文庫版の方のあとがきも読んで来ました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7019 ≪死はわが隣人≫

≪死はわが隣人≫ ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス ハヤカワ・ミステリ 早川書房 1998年3月初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男 訳   沼津市立図書館にあった本。 これも、≪カインの娘たち≫と同じく、文庫版がなくて、新書版の方を借りて来ました。 割と、状態がいい本でした。 新書版は、二段組みなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7012 ≪カインの娘たち≫

≪カインの娘たち≫ ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス ハヤカワ・ミステリ 早川書房 1995年10月初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男 訳   沼津市立図書館にあった本。 文庫版がなくて、新書版の方を借りて来ました。 1995年が初版ですから、私が94年に、デクスター作品を何冊か借りた時には、確実に、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7005 ≪森を抜ける道≫

≪森を抜ける道≫ ハヤカワ・ミステリ文庫 早川書房 1998年10月 初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男 訳   沼津市立図書館にあった本。 借りて来たのは、文庫版で、500ページくらいあります。 厚さを見ただけで、読む気をなくす人もいる事でしょう。 文庫版の方が新しいのに、水濡れ痕や、皺、汚れが目立ちます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6998 ≪消えた装身具≫

≪消えた装身具≫ ハヤカワ・ミステリ文庫 早川書房 1997年4月 初版 コリン・デクスター 著 大庭忠男 訳   沼津市立図書館にあった本。 借りて来たのは、文庫版ですが、390ページくらいあり、かなり、厚いです。 末尾の方に、プリンターで刷って、挿入・補修したページが、1枚ありました。 紙の質が全く違うのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more