テーマ:ペット

7686 ≪冷凍エビ容器≫

≪写真上左≫   いつ頃から使っているのか、全く覚えていないのですが、事によったら、10年くらい使ったのではないかと思う、プラスチック容器。 これは、私が積立預金のポイントで貰ったものだと思います。 しばらく、しまってあって、その後、亀にやる冷凍エビを入れておくのに使い始め、以来、幾星霜・・・。 ≪写真上右≫   それが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7665 ≪亀を外へ≫

≪写真上≫   5月1日に、ベランダに外ケージを設置し、亀を出しました。 毎年やっている事です。 外ケージの蓋は、しゅっちゅう、修理しているのですが、今回は、そのまま使えました。 ≪写真下≫   洗って、片付けた、室内ケージ。 洗ったと言っても、その場でです。 吊り下げ陸場や、ヒーター・カバーなど、外せる物だけ外して洗い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7660 ≪水換え後の稀枝 2020年4月≫

≪写真上≫   4月10日、撮影。 上を向いている時、顎の下の部分が、蛙のように、膨らんだり萎んだりします。 ただ動かすだけなら、人間でもできますが、何の役に立っているのかは、分かりかねます。 多少、呼吸の助けになるんでしょうか。 ≪写真中≫   4月24日、撮影。 いわゆる、「エサくれダンス」中。 しかし、この日のエサは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7625 ≪水換え後の稀枝 2020年3月≫

≪写真上≫   3月6日の撮影。 水換え後、早速、陸場に上ったところ。 陸場は、ブリキ板、針金、文具トレイで作った、吊り下げ式です。 衣装ケースの外側に、黒い針金が見えていますが、地震対策の落下止めです。 ≪写真下≫   3月29日の撮影。 テトラ・レプトミン・スティックにパクついている稀枝。 エビほどではありませんが、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7594 ≪水換え後の稀枝 2020年2月≫

≪写真上≫   2月7日の撮影。 真上から。 マレーハコガメの甲羅を上から見ると、独特の形をしています。 ≪写真中左≫   2月14日の撮影。 水面から顔を出すと、目玉が光って、可愛らしく見えます。 ≪写真中右≫   2月20日の撮影。 エビに喰らいつく稀枝。 エビは、冷凍エビで、冷凍庫に保存しています。 二日に一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7557 ≪水換え後の稀枝 2020年1月≫

≪写真上≫   1月10日の撮影。  壁際にいます。 手を壁につくと、自然に、内股的な角度になります。  おそらく、他の角度にできないんでしょうな。 エビを両前脚で押さえて、食いちぎる時に、この角度は、威力を発揮します。 ≪写真中≫   1月24日の撮影。 水換え後に良く見られる、躍動的な姿。 水の中なので、浮力が邪魔をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7539 ≪水換え後の稀枝 2020年12月≫

≪写真上≫   12月6日の撮影。 水換え直後です。 心なしか、満足そうです。 そういう顔をしてくれれば、水換えした甲斐があったというもの。 ≪写真下≫   12月27日の撮影。 水換えすると、糞をする事が多いです。 食べてしまう事もあるようですが、別に、露悪趣味ではなく、まだ、養分が取れると判断しているんでしょうな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7504 ≪水換え後の稀枝 2019年11月②≫

  11月15日、水換え後の稀枝。 亀は表情がないので、水が綺麗になって嬉しいのか、どうでもいいのか、分かりません。 新しい水を入れた直後は、水温が低くても、活発に動きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7503 ≪水換え後の稀枝 2019年11月①≫

  11月は、雨の日が多くて、撮った写真が少なかったです。 で、いつもなら、組み写真にしてしまうところを、一枚ずつ出します。   11月8日、水換え後の稀枝。 この吊り下げ陸場は、大昔、もう、20年近く前に、近所にあった100円ショップで買って来たもの。 元は、文具ケースです。 ロング・セラー品のようで、今でも、全く同じ品が売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7473 ≪水換え後の稀枝 2019年10月≫

≪写真上≫   正確には、水換え中の稀枝です。 水換え中、外ケージの蓋を雨戸の戸袋に立て掛け、前後を煉瓦で塞いだ「仮設タートル・ラン」に入れています。 撮影が、10月18日と、かなり寒くなっていた時期なので、ほとんど動きません。 暑い頃だと、活発に動いて、煉瓦を乗り越えたりします。 ≪写真下≫   10月28日の撮影。 甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7406 ≪水換え後の稀枝 2019年8月≫

  8月17日の撮影。 正確には、水換えの翌日です。   吊り下げ陸場で、甲羅干しの最中。 後ろ3分の1、食み出していますが、「まあ、落ちなければいい」というところで、妥協している模様。  前にも、陸場の傾斜の事を書きましたが、自然の亀は、もっと厳しい条件の下で生活しているのであって、陸場が水平である事や、広々している事に、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7370 ≪水換え後の稀枝 2019年7月≫

≪写真上≫   タイトルと関係なく、水換えから二日後の、7月7日、日曜日の撮影です。 基本的に、奇数日には、テトラ・レプトミンをやっています。 15~20本くらい。 ちなみに、偶数日は、エビになります。 言うまでもなく、エビの方が好き。 レプトミンをやると、残念そうな顔をしますが、一応、食べます。 たまに、食べ残し、あり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7338 ≪水換え後の稀枝 2019年6月≫

≪写真上≫   6月12日の撮影。 この写真、水換え直後ではなく、5日後のもの。 外ケージの陸場に乗っていたので、撮りました。   この陸場は、100円ショップで買って来た、台所用品です。 蓋の方に吊り下げてあります。 外ケージは、水の浅い所と深い所を作る為に、トロ舟の片側の下に煉瓦を置いて、傾斜をつけてあるので、蓋も傾斜し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7301 ≪亀を外に出す≫

  5月3日に、亀をベランダの外ケージに移しました。 ≪写真上≫   蓋を改良した、外ケージ。 緑色の部分は、厚手のビニール建材で、40年以上前に、建て替える前の家で使っていた物です。 父が物置にとっておいたのを、引っ張り出してきたもの。 この下は、木の板が張ってありまして、その板の腐蝕を遅くする為に、ビニールで覆ったという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7289 ≪水換え後の稀枝 2019年4月≫

≪写真上≫   4月5日の様子。 別に、水が綺麗になっても、嬉しくはないようです。 ≪写真下≫   4月12日の様子。 別に、水が綺麗になっても、感謝はしていないようです。   毎週金曜日が、水換えの日なので、7日に1回になります。 この後、19日、26日と水換えをし、この冬の室内生活はおしまい。 5月に入ったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7254 ≪水換え後の稀枝 2019年3月≫

  2019年3月の稀枝。 「まれえ」という名前からでは分かりませんが、オスです。 ≪写真上≫   3月1日。 じっと見ています。 何か、くれると思っているのでしょう。 ≪写真中≫   3月8日。 水中でも、かなり長く、息を停めていられます。 しかし、肺呼吸なので、鼻を水の上に出さないと、息ができません。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more