8422 ≪電話・親機の受話器購入≫

8422.jpg

  電話・親機の受話器ですが、修理に失敗し、結局、受話器だけ、新しいのを買いました。 だいぶ、古い機種なのに、新品の部品が売っているのは、少々、不思議。

≪写真上左≫
  ヨドバシ・カメラの通販で購入。 送料込み、770円でした。 5月25日に注文。 その日の内に、コンビニで支払ったところ、その日の内に発送され、翌26日には、届きました。

  この封筒は、内側に、プチプチ・ビニールが貼ってあって、緩衝・防水を兼ねていました。

≪写真上右≫
  上の箱に、受話器が入っています。 箱を開けると、受話器が、スポンジに包まれて、入っていました。 下の紙は、送り状。

≪写真中左≫
  左が古いの。 右が新しいの。 全く同じ物だから、見分けがつきません。 パナソニックの、「PFJXN0146Y」という品です。 

≪写真中右≫
  横にしました。 横にしても、同じですな。 古い方は、背面が僅かに汚れていましたが、よくよく見ないと、分からない程度でした。

≪写真下≫
  親機。 パナソニックの、「KX-PW50-W」という製品。 ファックス付き。 子機2台。 いつ買ったのかは分かりませんが、岩手異動から引き揚げてくる時に、これのファックスが活躍したから、2014年6月以前である事は確かです。 ちなみに、うちでは、亡き父が自宅で、設計の仕事をしていた関係で、ファックス付き電話は、かなり早い頃から使っていました。 これは、二代目です。

  受話器を交換したら、受話器から、「ツー」という音がしました。 8年目にして、復活。 もっとも、子機での通話に慣れてしまったので、たぶん、この受話器を使う事は、ほとんど、ないと思います。 母は喜んでいましたが、母も、この受話器を使う事はないでしょう。 子機で慣れれば、そちらの方が、場所を選ばないから、ずっと、便利なのです。


  この後、私は、母にスマホを買ってやる、「スマホ計画」にのめり込んで行くのですが、この受話器を買い直した時に、「使いもしないないものに、浪費しまった・・・」と、些か後悔し、「どうせなら、意味のある事にお金を使おう」と思ったのが、動機の一つでした。