7736 ≪EN125-2Aでシュンの寺 / 口野 / 黒柳①≫

7736.jpg

  7月12日、梅雨の晴れ間に、バイクで出かけました。 今回は、プチ・ツーリングと言うより、所用です。

≪写真1≫
  シュンの供養塔がある寺。 牛臥山の麓にあります。 普段は、車か自転車でして、バイクで来たのは、初めてです。 2015年7月に、シュンがこの寺の焼却炉で骨になってから、毎月、月命日にお参りに来ていたのですが、もう、5年経ったので、この時を最後にし、今後は、年に一度、祥月命日に来る事にしました。

  ちなみに、供養塔の骨壺収容数には限りがあるので、シュンの骨は、とっくに、どこかへ合葬されて、ここにはありません。 母が嫌がりさえしなければ、家の庭に埋めてやったんですがねえ。

≪写真2≫
  国道414号を、海岸線に沿って南下し、口野で、三津方面に右折。 すぐの所で、歩道にバイクを停めました。 ここだけ、少し広くなっていて、ベンチと庇、花壇などがあります。

≪写真3≫
  放水路の出口方向を見た景色。 414号の橋があるから、放水路の出口は見えません。 梅雨時なので、水が濁っています。

≪写真4≫
  EN125-2A・鋭爽の、ハンドル、メーター付近。 乗っている間は、この絵柄を見ているわけです。 オン・ロード・バイクは、やはり、この、2連メーターが、魅力ですな。 それも、針式に限る。 昨今流行のデジタル・メーターなんて、ちっとも、いいと思いません。

  ミラーは、純正品よりも、高さが低く、少し見づらいです。 しかし、わざわざ、純正品を手に入れて、換えたいとも思いません。