家で過ごす。≪Wの悲劇≫。

  終日、薄曇り。 燃やすゴミを捨てに行った以外は、家から出ませんでした。


  パソコン作業と読書。 本は、松本清張全集40の、【渦】を読んでいます。 視聴率計測システムをモチーフにした、非常に変わった話でして、こういう題材で、推理小説を書こうという、その発想が、驚異的です。


≪Wの悲劇≫
  テレビ東京系で、2001年に、2時間サスペンス枠で作られたもの。 Wの悲劇って、本当は、こういう話だったんですねえ。 薬師丸ひろ子さん主演の映画なら、昔見ましたが、全然、違うので、たまげました。 映画では、原作で起こる事件が、作中劇になっているんですな。 夏樹静子さんは、原形を留めぬまでに、全然別の話にされてしまって、開いた口が塞がらなかったのでは?

この記事へのコメント