買い出し。漂白剤消毒液。マスク世相。石と砂をどける。

  いい天気。 今日から雨という予報を、確か、どこが見たのですが、晴れてしまいました。 まあ、いいですけど。


  6の付く日で、母と車で、イオン系スーパーに買い出し。 ふだんより、15分早く行ったので、多少は、客が少なかったです。 米10キロと、トレペ2パックを含み、荷室・後席に満載。

  今日も、無マスクの店員に、「いらっしゃいませ」と言われてしまいました。 普通の声量でしたが、それでも、近くで喋って欲しくないです。 いったい、この店は、いーつになったら、店員全員マスク義務化になるのだろう? パンデミックを、ナメてんじゃないの? 伊達に、棺桶の行列が出来ているわけじゃないんだよ。 何が起こっているか分かっていれば、マスク無しで、店に出られるわけがないのですが。

  出がけに、空いていた噴霧器に、水300ccと、塩素系漂白剤6・7㏄くらいを入れ、新型肺炎ウィルス専用の消毒液を作っておきました。 帰ってから、早速、車のシートやズボンを拭き、シャツは、洗濯機へ。 この消毒液は、プールの水のニオイがします。 おそらく、このニオイが続いている間は、塩素の効果が続くのでは?

  ちなみに、出先で建物に入る時には、マスクは、使い捨てのをして行き、帰って来たら、除菌アルコールを表裏に吹いてから、乾かして、再利用しています。 裏にも吹くのは、唾液や汗の中の微生物も殺菌してしまえば、黄ばんで来ないからです。

  私は、着けるのが短時間だから、この方法を使っていますが、仕事で、一日中着けているような人達は、塩素系漂白剤溶液に浸け、水で流して、乾燥という、手順を踏んだ方がいいと思います。 一回使ったら、捨てる? 馬鹿馬鹿しい。 新しく手に入らないのに、マスクを捨てるなどという選択肢は、ありますまいて。

  それにしても、騒ぎが始まって、すぐに、マスクが店頭から消え、かれこれ、2ヵ月ですが、未だに、全く見かけませんな。 行列が出来ているという事は、入荷する店もあるんでしょうが、数分程度で売り切れていると思われ、ほとんどの時間は、空っぽです。 ないと分かっているから、わざわざ、マスクの棚を見に行かなくなってしまいました。 流通が滞っているというより、やはり、中国の工場が完全復旧していないから、物自体が出来て来ないんでしょうねえ。


  下水化の、敷地内工事ですが、3月末までにやるかと思っていたのですが、業者から、連絡が来ません。 日記を調べたら、私の思い違いで、「3月か、4月の予定」と言われていたのでした。 それが、11月2日の事。 その前の日に、市役所から、供用開始の通知が来ているので、工事の期限は、半年後の、5月1日までという事になり、まだ、4月が、まるまる、一ヵ月あります。

  とはいえ、もし、早めに連絡が来るとまずいので、今日の午後は、準備をしておきました。 台所の東側通路に敷いてある、五色石と、砂利を取り除けて、土の地面を出しておくというもの。 大した作業ではなく、1時間以内に終わりました。