7557 ≪水換え後の稀枝 2020年1月≫

7557.jpg

≪写真上≫
  1月10日の撮影。  壁際にいます。 手を壁につくと、自然に、内股的な角度になります。  おそらく、他の角度にできないんでしょうな。 エビを両前脚で押さえて、食いちぎる時に、この角度は、威力を発揮します。

≪写真中≫
  1月24日の撮影。 水換え後に良く見られる、躍動的な姿。 水の中なので、浮力が邪魔をして、爪先の突っ張りは利かないわけですが、この小さな手足を掻くだけで、結構、俊敏な動きになります。 人間の及ぶところではないです。

≪写真下≫
  1月26日の撮影。 エビにパクついている瞬間。 エビと、テトラ・レプトミンを、一日おきに、やっています。 エビは、冷凍エビを解かしたもので、尻尾だけだから、当然、死んでいるのですが、生きた獲物と同じように、そーっと近づき、一気に首を伸ばして、バクッと捉えます。 大きいと、食いちぎりますが、小さめだと、丸呑みにします。