うろこ落とし。≪主任警部モース≫。

  晴れ。 風強し。


  外掃除の後、9時頃から、車ガラスのうろこ落としの続き。 昼休みを挟んで、午後2時半くらいまで、ずっと、やっていました。 左側前後2枚と、運転席のガラスも、ざっと、かけました。

  結果は、イマイチ。 大まかに、落ちた事は落ちたのですが、何度かけても、消えないうろこがあり、腕や心臓だけでなく、頭まで痛くなって来たので、適当なところで切り上げました。 よっぽど、年季が入ったうろこなのでしょう。

  今までの持ち主が、車を露天に置いていたのは、間違いないところ。 雨が降った後、マメに拭いていれば、うろこがつくような事はないのですが、そういう人は、稀でしょうな。 一度、水滴の痕がつくと、その上に、水滴が溜まり易くなり、不純物の層が次第に厚くなって、うろこに成長して行くのだと思います。

  ガラスは、何度も重ねて、どんなに強く、コンパウンドをかけても、キズがつかない事が分かったので、また、気が向いたら、やるかも知れません。 ちなみに、ピカール社のコンパウンドは、1缶、213円という、驚くような安さで買ったものです。 しかも、ガラス3.5枚分にかけても、使いきれませんでした。

  風が強くて、乾いたコンパウンドの粉が舞って、大変でした。 バイクの手入れもする予定でしたが、こんな天気では、埃をつける為に、カバーを外すようなものだと思い、明日に延期しました。


≪主任警部モース 【悔恨の日々】≫
  終わりました。 実際には、もっと回数があるドラマらしいのですが、原作がある回だけ放送し、ドラマ・サイドで話を作った回は飛ばされたので、11回で、終わりました。

  で、【悔恨の日々】ですが、原作通り、モース警部が死んで、おしまい。 事件の方は、相変わらず、ダラダラと長ったらしく、見ている途中で、何の話なのか忘れてしまう、締まりのない展開でしたが、モースが次第に、死に落ち込んでいく様子には、鬼気迫るものがありました。

  定年直前だから、59歳で死んでしまったわけですが、他人事ながら、何とも、虚しさを感じますねえ。 いくら、名警部と言われても、死んでしまえば、それまででしょう。