シュンの月命日。≪ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル≫。

  昨夜は雨でしたが、朝になるまで、気づきませんでした。 午前中は、ドス曇り。 午後になってから、快晴に。


  シュンの月命日で、母自で、供養塔のある寺へ。 帰りに、イオン系スーパーで食品の買い物。


  午後は、半分昼寝。 残りは、自分用枕カバーの2枚目にファスナーを移植していました。



≪ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル≫ 2017年 アメリカ
  ドゥエイン・ジョンソンさん、主演。  ≪ジュマンジ≫は、1995年の作品で、何度もテレビで放送されたので、知らない人はいないと思います。 2005年に、≪ザスーラ≫という、原作者を同じくする、同趣向の映画が作られていますが、それは、子供が主人公で、大人の鑑賞に耐えるものではありませんでした。

  で、2017年のこの作品ですが、原作は同じ人になっているものの、趣向が逆転していて、≪ジュマンジ≫では、ボード・ゲームの世界が、現実世界に溢れ出して来ていたのに対し、この作品では、現実世界の人格だけが、テレビ・ゲーム(ロール・プレイング・ゲーム)の世界に入り込む形になっています。

  かつて、日本で、ロール・プレイング・ゲームを元にしたアニメが何本か作られましたが、ストーリーのボリュームが足りないせいで、どれもこれも、全く面白くなく、決まって、途中打ち切りという散々な結果でした。 この作品も、前半は、そんな感じですが、後半になると、冒険物アメリカ映画の型に嵌まってきて、逆に面白くなります。

  ラストは、いいですなあ。 ゲームの中に、20年間、閉じ込められていた青年が、ゲーム終了後、ゲームを始めた時点に戻り、20年生活した後に、現在に戻った他のメンバーと再会する場面。 タイム・スリップ物では、よく使われるアイデアですが、この作品は、そうではないので、独特の感動があります。