ひどろい。母の布団干し。買い出し。またパンク。

  晴れですが、雲多し。 沼津近辺の方言だと思いますが、こういう天気の事を、「ひどろい」と言います。 「日」に、「とろ火」の「とろ」で、「日射しが弱い」という意味。


  月末なので、母の布団を干しました。


  母と車で、イオン系スーパーへ買い出し。 専ら、香花と花を買う為ですが、兄の所へ、昨日ついた餅と、その他の食料品を詰めた荷物を送るのが、二次目的。 母は、もう自転車に乗れないので、自力でコンビニなど、宅配便を発送できる所に行けないのです。 

  三次目的として、買い物もして来ました。 特売日ほどの量ではないです。 人、そこそこ、多し。 年末だから、致し方ない。


  午後、旧母自で、大平へ。 土手を走り、トンネルの工事現場を見て、帰ろうとしたら、徳倉へ抜ける切り通しの所で、なんと、また、後輪タイヤの空気が抜けている事に気づきました。 この急激な減りは、パンクに違いないです。

  こんなに短期間に、パンクが続くのは、偶然とは思えないので、おそらく、タイヤの同じ所に、金属が刺さっているのではないかと思われます。 木曜に直した時に、一応、タイヤの中を指で触ってみて、異物がないのを確認したのですが、何もありませんでした。 見えない所に潜っているのかも知れません。