雨樋修理。久々の香貫山。≪まだ結婚できない男 #9≫。

  いい天気。 12月とは思えない暖かさ。


  植木手入れの初日に、プレハブ離屋の雨樋が壊れている事に気づき、今日になって、ようやく、直しました。 軒先の角材に、ブラケットを締め付けてある部分が腐って、ブラケット2ヵ所分が浮いて、雨樋がブラブラしていたのです。 角材の他の部分は、まだ、しっかりしていたから、ブラケットの位置を少しずらして、釘で打ち付け直しました。 割と簡単に直って、良かった。

  このプレハブ離屋は、父が、機械設計の仕事場として使っていた物で、かれこれ、50年くらい経っています。 あちこち、壊れて来ても、不思議はない歳月ですな。 まだ建っている事の方が不思議、という見方もある。


  午後、香貫山へ。 2週間ぶりです。 浦島太郎気分、あり。 ツワブキは、まだ花が残っていましたが、盛りを過ぎて、みな、うなだれていました。 人多し。 いい天気だからでしょう。 富士山が、よく見えました。



≪まだ結婚できない男 #9≫
  次回が、最終回だそうで、いつのまにか、押し詰まってしまいました。 別に、文句をつけるような所はないんですが、面白いという感じもしませんねえ。 独身ネタは、第1シリーズの半ばくらいで、すでに尽きていて、その状態が変わらないまま、第2シリーズを作ったら、こうなったという、そんなところでしょうか。

  一回一回の話は、しっかり出来ていると思うんですが、キャラに魅力が今一つと言うか。 とりわけ、女子会の場面が、目が覚めるほど、つまらないのは、どうした事じゃ。 相対的に、大工の棟梁との絡みが一番面白いというのは、どうしたものか。 ちなみに、最も光っているキャラは、タツオでしょうか。