追加掛け布団の皮。敷き布団カバーを買う。

  晴れ。 10日なので、2階トイレの布類を洗濯。


  更に、自室の布団も干しました。 朝が寒くなったので、追加の掛け布団を出しました。 すでに、皮が裂けて、綿が見える状態なので、先だって買っておいた掛け布団カバーを、サイズに合わせて縫い詰め、皮を外して換えようとしたのですが、固定糸が、点状ではなく、線状に、ミシンでガッチリ縫ってあって、とても外せません。

  やむなく、上から、カバーを被せてしまいました。 まあ、メイン掛け布団と違って、汚れが目立つわけではないから、重ねても、問題はないです。 カバーを被せておけば、裂けた所から綿が出てくる心配はないし。

  掛け布団は、これで良いとして、今度は、敷き布団カバーが破れました。 前回換えたのは、2016年の11月なので、3年間もった事になります。 せこく、表裏使ったからだと思いますが。


  で、午後3時頃、母自で出かけて、ショッピング・センターで、同じ製品の柄違いを買って来ました。 3年前は、税込み1058円でしたが、今回は、1078円。 増税分だけ高くなったわけだ。