手無し地蔵。≪夜は短し歩けよ乙女≫。

  昨夜、9時頃から、雨。 朝には、上がっていました。 で、今日はまた、曇りで、猛暑。


  午後、旧母自で、三島の、「手無し地蔵尊」へ行って来ました。 先日、叔父さんを新しい家まで送って行った時、近くにあると言われていたのですが、その時は、探すゆとりがなかったので、確かめに行ったのです。 すぐには見つからず、少し彷徨ってから、裏側から入って、見つけました。 立派なお堂でした。

  名前の由来は、悪さをする地蔵の手を、若侍が切り落としたというもの。 その若侍が、源頼朝だったという説もあるとの事。 しかし、この近辺、何でもかんでも、頼朝と関連付ける傾向があるで、話半分というところでしょう。


≪夜は短し歩けよ乙女≫ 2017年 日本
  森見登美彦さん原作の、長編アニメーション。 1時間半くらい。 テレビ・アニメの≪四畳半神話大系≫と、ほぼ同じスタッフによる製作。 ≪有頂天家族≫の方でなくて良かった。

  原作も読んだのですが、随分時間が経ったので、細部を忘れてしまいました。 こんな話でしたかねえ。 ≪四畳半神話大系≫のアニメを見ている人なら、ほとんど同じノリで、楽しめると思いますが、主人公の一人である、黒髪の乙女のキャラに、リアリティーがないせいで、≪四畳半神話大系≫よりも、幾分、見劣りがします。

  先輩と黒髪の乙女は、声優さんが違う人になっています。 先輩の方は、キャラは同じなので、あまり、違和感がありません。 一方、黒髪の乙女は、明石さんとは、全く別人で、キャラそのものが違います。 何だか、キャラがはっきりしていた明石さんが、懐かしく感じられました。