母自で買い出し。≪ミイラの花嫁≫。≪ABC殺人事件≫。

  午前中は、曇り。 昼過ぎから、雨。


  午後、台風3号以来、物置に入れてあった母自を出して来て、食料品の買い出しに行って来ました。 混んでいました。


≪金田一耕助シリーズ ミイラの花嫁≫
  2時間サスペンス枠で放送されたシリーズの第2作で、1983年のもの。 原作は、【木乃伊の花嫁】で、短編集に入っている作品のようですが、未読なので、不詳です。

  ある素封家の屋敷で行なわれた婚礼の席に、天井裏の死体から血が滴り落ちる事件が起こる。 偽の招待状で、結婚式にやってきた金田一が、山奥の村にある素封家の本家で過去に起こった事件を調べ、意外な犯人をつきとめる話。

  原作を選ぶに当たって、メジャー長編とは違うものを探したのだと思います。 しかし、これは、もし、原作も、このままのストーリーだとしたら、露悪趣味が過ぎます。 花嫁が斬り殺されて、その体から、赤子が・・・、と書いただけで、気持ちが悪くなるではありませんか。

  短編で、さらさらっと書き飛ばしてあれば、かなり陰惨の場面でも気になりませんが、映像で、みっちり描きこまれると、げんなりせずにはいられません。


≪ABC殺人事件≫
  アガサ・クリスティー原作の、イギリスのドラマ。 お馴染みのポワロ・シリーズとは違う、新作のドラマです。 全3回の第1回。 A.A、B.B、C.Cのイニシャルを持つ人達が、ポワロの元に送り着けられた予告状の通りに殺されて行く話。

  暗い・・・。  コミカルな部分は皆無。 外国人差別が激しい時代だった事を、リアルに描き込んでいて、ポワロもその対象にされています。 笑うところなど、あるわけがないです。 こんなに暗くしたのでは、リアリティー云々以前に、気が滅入ってしまいます。 伝統あるイギリスの推理物ドラマも、行き過ぎてしまった感がありますねえ。