換水録

アクセスカウンタ

zoom RSS 6972 ≪発炎筒 / 非常信号灯≫

<<   作成日時 : 2018/07/10 07:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

  車検に備えて、期限が切れた発炎筒の代わりに、非常信号灯を買って来ました。

≪写真左≫
  車に付いていた発炎筒。 「製造年月 2005年12月 / 有効年月 2009年11月」という、あっと驚く古い物でした。 もっとも、車の方は、1997年製ですから、過去の所有者が、少なくとも一回は、発炎筒を買い換えたわけだ。

  調べたら、発炎筒は、装備さえされていれば、車検は通るらしく、有効期限切れでも問題ないようなのですが、分かっていて、そのままにしておくというのは、何となく、嫌な感じがします。

  二つ目の「0」を「1」に書き換えてしまおうかとも思ったんですが、現物を見ると、結構、綺麗に印刷してあって、手書きでは、バレそうなので、やめました。 それに、後ろめたい事をやって、ヒヤヒヤするのは、精神衛生に宜しくないですし。

≪写真右≫
  で、6月12日にホームセンターで買って来たのが、この非常信号灯です。 エーモン社製で、998円。 アマゾンだと、600円台なのですが、2000円以上買い合わせ対象品なので、致し方なし。

  スイッチを入れると、赤いランプが、チカチカ点滅します。 かなり、強力な光です。 単4電池2本使用。 発炎筒には、細いのと太いのがあり、この製品は、透明の筒を着脱する事によって、どちらのタイプのホルダーにも対応しています。 端に磁石がついていて、車のボディーに、くっつけられるようになっています。

  車検の時だけ、非常信号灯を付け、済んだら、発炎筒に戻そうと思っています。 発炎筒を使ってしまったら、いよいよ、非常信号灯を常時装備する事になるわけですが、発炎筒を使う機会は、永久に訪れないような気もします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

6972 ≪発炎筒 / 非常信号灯≫ 換水録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる